カラコンの危険な使い方

カラコンには危険な使い方というものがあります。その危険な扱い方をしてしまいますと失明する危険もあるほどです。カラコンを使う場合には、しっかりと使用方法を守って使う必要があります。今回は、カラコンの危険な使い方をご紹介します。

まず、一番やってしまいがちなのが、度入りの普通のコンタクトレンズにカラコンを重ね付けして使ってしまうことです。目は酸素を必要としていますが、二枚重ねで使ってしまうと、酸素を通しづらくなってしまいます。目は酸素を欲して無理をしてしまい、角膜が炎症を起こすなどのトラブルが起こってしまいます。このような方法で使い続けると失明にも繋がる危険性が高い行為であることをしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

次に危険な行為は、手を洗わずにコンタクトを触るという行為です。これはカラコンに限ったことではありませんが、汚れた手でコンタクトを扱うことで、目にごみや汚れが入ると角膜に傷が入りとても痛いです。これも同様に角膜に傷を入れすぎると失明の危険性があります。そのため、カラコンに触るときには、必ず手を洗って清潔な状態にしてから装着するようにしましょう。以上のことをしっかりと理解することで失明の危険は大幅に減るでしょう。フォーチュンコンタクト