カラコンの製造方法

現在、カラコンの製造方法の主流は、サンドイッチ製法と、キャストモールド製法です。そのほかには、セミキャストモールド製法、スピンキャスト製法があります。今回は、現在主流になっているサンドイッチ製法と、キャストモールド製法についてご紹介します。

アルミダイキャストや、レジンキャストという言葉を聞いたことがないでしょうか。このキャストとは、鋳造のことを意味しており、カラコンの素材であるシリコンやゲルなどを鋳型に流し込んで固めています。この製法のメリットは、なんといっても薄いカラコンを作ることができるということです。薄い方が、装着感がなくなり、目への負担も減少することができます。その反面、耐久性が弱点で、傷ついたカラコンから色素が角膜に流れてしまったというケースもあります。

もう一つのサンドイッチ製法は、片面を着色したレンズを、着色面を内側にしてパックするように作ります。これによって、角膜へ着色料がつくことがなくなり、角膜へのリスクを最大限に考えたものとなっています。その代わり、先のキャストモールド製法よりも厚くなるので、少々装着感が良くないかもしれません。どちらも目のことを考えて作られているものですので、あとは自分の好みによって選んでみるといいでしょう。フォーチュンコンタクト