カラコンは安全性で選ぶ

カラコンは黒目を大きく見せてくれたり、髪の毛の色に合わせたものを選ぶことができるということで、女性にとってかかせない人気のおしゃれアイテムです。メイクなどとも違い、目の雰囲気ごと変えてくれるということで、大きな効果を得ることができるカラコンではありますが、選び方や使い方によっては、危険なカラコンもあるかもしれないということをご存知でしょうか。

カラコンは、薬事法で、医療用のコンタクトレンズとともに安全性基準を定められたものです。そのため、その基準をクリアしたものでなければ販売はされていないのですが、中には、目の疲労によって、視力を低下させてしまったという事例も少なくはありません。それではなぜ、目が疲れてしまうのでしょうか?それは、カラコンの着色部分が、目に直接触れてしまうこと、カラコンの色によって視界が狭まり、それが疲労を引き起こすことが考えられます。

これらのリスクを避けるために、最近では、着色面を直接目に触れないような仕組みで作られているサンドイッチ構造のカラコンや、含水率をアップさせることで、目の乾燥を防ぐカラコンなど、安全性を重視したカラコンも少なくありません。こういったカラコンの選び方が、自分の目の安全を左右しますので、しっかりとカラコンは選ぶようにしましょう。